アントワープ中央駅

Photo by Rob Oo

【ベルギー】ルーベンスゆかりの都市アントワープの魅力紹介

更新日:

アントワープは、ベルギーの中でブリュッセルに次いで大きい都市です。

今回は、アントワープの魅力について紹介します。

アントワープの魅力

アントワープは、画家ルーベンスゆかりの地として有名なところです。またダイヤモンドの研磨と取引が世界一であることでも知られている港町です。

アントワープ中央駅 Het station Antwerpen-Centraal

アントワープ中央駅

Photo by Rob Oo

アントワープ中央駅はとても大きく、地下部分も合わせると4階建てにもなる建物です。

一流の老舗ホテルかと思うほどの豪華さでとても駅だとは思えません。

アントワープ中央駅

Photo by Rob Oo

駅構内の天井はガラスと鉄骨ででき、明るくて曲線美の美しいドーム状をしています。

完成は1905年で、エスカレータがある近代的な部分と、石造りのクラシカルな部分が混在しています。

世界で最も美しい駅」と呼ばれるほどですので、とにかく一見の価値あり!

もし、アントワープを観光する時間がない場合でも、駅だけでも見る価値ありなので、寄ってみてはいかがでしょうか?

「フランダースの犬」にも出てくるノートルダム大寺院 Onze-Lieve-Vrouwe kathedraal

ノートルダム大寺院

Photo by Rob Oo

ノートルダム大寺院は、ベルギーでも最も大きいゴシック教会です。1352年から約170年もの長い年月をかけて造られました。

「フランダースの犬」で、主人公ネロが最期にルーベンスの絵を見に来るシーンでも有名ですね。

高さ約123mの塔は、かつて船がアントワープに入港する目印にしなっていたそうです。

ルーベンスの家 Rubenshuis

実際に、ルーベンスが1610年から5年間、この場所で絵を描いていたというアトリエ兼住居。

本当に「家」そのもので、住居に絵を飾ってあるというスタイルです。

ダイニングルームには、彼の数少ない自画像が飾られているので探してみてくださいね。

アントワープ王立美術館 Koninklijk Museum voor Schone Kunsten

フランドル派、中世イタリア、ドイツ、オランダ派の巨匠の作品1000点以上と、現代絵画1500点以上の所蔵を誇る美術館。

ここにもルーベンスの絵が飾られています。

市庁舎 Stadhuis van Antwerpen

一目見て目を引く華やかさのある建物です。世界の国旗が掲げられています。

内部見学には予約が必要です。

最後に

今回で、ベルギーの紹介は最後です。

次からはドイツの観光都市の紹介をします。ロマンチック街道!

-世界遺産紹介, ベルギー
-, , , , ,

Copyright© ヨーロッパ旅ガイド ~個人旅行のしかた~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.