【フランス】パリの一度は訪れてみたい世界遺産7選

更新日:

パリのセーヌ川近郊一帯はユネスコの世界遺産に登録されています。そしてここは、有名な観光スポットの宝庫でもあります。

ルーブル美術館を始め、凱旋門、ノートルダム大聖堂などなど。誰しもが一度は聞いたことのある観光地ばかり。

その中で絶対に外せない7つの観光スポットを紹介します。

パリについて

パリは、様々な美術館や世界遺産がギュッと一か所にまとまっているので、観光がしやすい場所だと言えます。

半日~1日もあれば、下にあげたほとんどのところを観光することができますよ。

1.ルーブル美術館 Musée du Louvre

ルーブル美術館

ニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンの大英博物館と並んで、世界三大ミュージアムの一つであるルーブル美術館。実に38万点以上の収蔵数を誇ります。

かなり広いので、一日でまわるのは大変です。

館内は日本語表記もあり、親切。オーディオガイドも日本語がちゃんとあります。階段がつながってたりつながってなかったりで行きたい場所に行くのに来た道を戻らなければならなかったり迷いやすい。

現地の小学生が美術館見学で先生に連れられてきています。幼いころからたくさんの芸術に触れて育つ環境が羨ましいです!

2.エトワール凱旋門 Arc de Triomphe

凱旋門というのは、戦勝記念碑といって、戦いに勝った記念として建てられています。そのため、パリだけでもカルーゼル門、サン・ドニ門、サン・マルタン門など、いくつもの凱旋門が存在します。

エトワール凱旋門は、上に登ることができます。そこからパリの市街を一望できます。エトワール凱旋門から放射状に伸びた道路の形がまるで「星(フランス語でエトワール)」のようなのでこの名前が付けられたそうです。

近くで見るといろんな人の名前が彫られていました。どうやら戦死した兵士の名前が彫られているそうで、私たちが行ったときは式典をやっていました。戦争で没した人を弔うためのセレモニー会場として利用されるそうです。

3.シャンゼリゼ通り Avenue des Champs-Elysées

シャンゼリゼ通り

「オー・シャンゼリゼ」のフレーズで聞き覚えのあるシャンゼリゼ通りは、コンコルド広場から凱旋門までの約3キロの通りです。

やや坂になっていて凱旋門まで歩くと結構しんどいです。

4.オルセー美術館 Musée d'Orsay

オルセー美術館

紀元前からの美術品が展示されているルーブル美術館と違い、オルセー美術館は1848年から1914年の作品のみ展示されています。

印象派(モネ、ルノワール、マネなど)の作品が多く、好みによってはルーブル美術館よりもオルセー美術館のほうが好きな方もいるかと思います。

館内はそれほど広くなく、オーディオガイド(日本語ももちろんあり)を聞きながらゆっくりまわっても半日もかかりません。

5.エッフェル塔 Tour Eiffel

エッフェル塔

観光客でものすごくにぎわう場所です。入るまでに行列に並ばなければならずテーマパークのアトラクションのような扱いです。繫忙期には2~3時間も待つ必要があるとのこと。私たちも1時間以上並んだ記憶があります。

どこまで登るかによって値段が変わってきます。最上階展望台までだと大人は17ユーロ。

最上階展望台からはパリの町が一望できます。

6.ノートルダム大聖堂 Cathédrale Notre-Dame de Paris

フランス中世建築の代表作です。

1163年から1330年頃にかけて造られました。しかし、フランス革命時に甚大な被害に遭い、19世紀半ばに大修理の末、今の建物が完成しました。

建物を飾る彫刻やステンドグラスはどれも重要な美術品です。

教会好きには絶対外せないスポットです。

ちなみに普通に掃除機かけているおっちゃんがいます。清掃中は掃除機の音がうるさくないよう讃美歌のCDがかかっています。

有料ですが、大聖堂の塔・屋上にも上ることができます。階段は387段もあるので結構大変です。

バラ窓のステンドグラス

バラ窓ステンドグラス

バラ窓ステンドグラスがきれい。バラ窓ステンドグラスは北と南の2か所にあるので、見逃すことのないよう!

近くにはお店がありますが、通貨の価値に慣れていない外国人狙いなのか相場の5~6倍もの値段で売られています。コーラが6ユーロとか・・・。お気を付けください。

7.サント・シャペル Sainte chapelle

サント・シャペル

ヨーロッパ最古のステンドグラスが建物全体に使用されていて、光が入るとあまりにも美しい光景が広がります。

が、おこめんが行ったときは残念ながら工事中で、イメージ写真が飾ってありました・・・。

また行ってみたい。

最後に

パリは、街並みを見ながら歩くのも楽しみ方の一つです。メトロは便利ですが地下にもぐってしまうと見れないので、のんびりとパリの街並みを見ながら過ごす日もあるといいかと思います。

アイキャッチ画像 Photo by Jose Losada - Fotografía - Cathédrale Notre Dame de Paris

-世界遺産紹介, フランス
-, , ,

Copyright© ヨーロッパ旅ガイド ~個人旅行のしかた~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.