パリ

シャルルドゴール空港⇔パリ市内の移動の方法

更新日:

シャルルドゴール空港からパリ市内への移動手段は主に、バスかRER B線(高速郊外鉄道)の二つの方法があります。
それぞれの行き方とメリットデメリットについてお話します。

1.バスを利用する。

LE BUS DIRECT(ル・ビュス・ディレクト) (旧エールフランスバス)

行き先 バス乗り場 運賃 所要時間 運行時間
凱旋門 空港ターミナル 2E-2F(E8番出口又はF9番出口)
空港ターミナル 2B-2D(D14番出口)
空港ターミナル 2A-2C(C10番出口)
空港ターミナル 1(32番出口)
17ユーロ 約1時間~1時間半 5:45~23:00
 リヨン駅、モンパルナス駅 空港ターミナル 2E-2F(E8番出口又はF9番出口)
空港ターミナル 2B-2D(D14番出口)
空港ターミナル 2A-2C(C10番出口)
空港ターミナル 1(32番出口)
 17ユーロ 約1時間~1時間半  7:00~21:00

メリット

インターネットから事前購入することができます。⇒チケット購入はこちらから

市内の街並みを車窓から楽しめます。

デメリット

私たちは行きはLe Bus Direct ル ビュス ディレクト(旧エールフランスバス)を利用しました。緩急激しい運転で酔いました・・・。

交通状況によっては遅延します。道路が混雑していると90分ほどかかることも。時間に余裕をもって利用しましょう。

ユーレイルパスは使えません。

ロワシーバス

行き先 バス乗り場 運賃 所要時間 運行時間
 オペラ座 空港ターミナルT3
T2BD(ターミナルBとDの間の停留所)
空港ターミナルT2EF (ターミナルEとFの間の停留所)
空港ターミナル T2AC (ターミナルAとCの間の停留所)
空港ターミナル T1
 12.1ユーロ  約60分  5:15~0:30

メリット

インターネットから事前購入することができます。⇒チケット購入はこちらから

市内の街並みを車窓から楽しめます。

デメリット

交通状況によっては遅延します。道路が混雑していると80分ほどかかることも。時間に余裕をもって利用しましょう。

ユーレイルパスは使えません。

2.RER B線を利用する。

行き先 乗り場 運賃 所要時間 運行時間
 市内のRER B線の各駅 空港ターミナル 1からRER駅までは、シャトルトレインCDGVALに乗ります。

空港ターミナル 2からは、「Paris par train(パリ行き列車)」の表記通りに歩くと着きます。

 11ユーロ  パリ市内まで約30分 4:50~23:50

メリット

インターネットから事前購入することができます。⇒チケット購入はこちらから

行き先は、「Paris」(パリ)を選びます。パリ市内であればどの駅で下車しても料金は均一です。同じ切符でそのままパリ市内メトロへ乗換えもできます。

ユーレイルパスが使えます。

デメリット

治安に不安があります。身ぐるみはがされる事件も起こっています。早朝や深夜などの時間たちでの利用は避けたほうが良いでしょう。

ストライキが頻繁にあることでも有名です。

最後に

私たちは、行きはLe Bus Direct ル ビュス ディレクトを利用し、旅に慣れた帰りはRER B線を利用しました。行きと帰りで違った方法を利用することで体験も増えました。

手段は選べますので、安心安全な旅を心がけてくださいね。

運行状況、時間、運賃などは変更される場合がありますので、各予約サイト等で最新の情報をご確認ください。

-フランス, 鉄道の旅に必要な情報
-, ,

Copyright© ヨーロッパ旅ガイド ~個人旅行のしかた~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.