ヨーロッパ鉄道の旅

Photo by lee bristol

【徹底比較】どっちが安い!?ユーレイルパス VS 早割チケット

更新日:

ユーレイルパスとは、指定された国の国鉄を期間内に乗り放題(一部、列車を除く)になるという鉄道チケットです。

チケットを買う窓口に並ばなくてもいいとか、観光地がお得に回れるとか、フェリーにもかなりの割引がきくとか、

ユーレイルパスを使うメリットはたくさんあります。

しかし、金銭面に着目すると、ユーレイルパスを使うほうがかえって割高になるケースもあります。

どういうときにお得になって、どういうときに損になるか実際のケースで比較してみました。

ユーレイルパスを買うか、個別にチケットを購入するか、検討中の方は是非参考にしてくださいね。

なお、手数料は送料などは考慮していません。(どちらも同じだけかかるということで比較に入れておりません)

フランス、ドイツ、イタリア 3カ国周遊の旅(期間:1ヶ月)

1ヶ月かけてドイツ、フランス、イタリアの3カ国を回る旅のケースです。

イタリア ベネチア

Photo by Pedro Szekely

<旅のモデルプラン>

フランス パリ(空港) → パリ(市内) → モンサンミッシェル → パリ → ブロワ → アヴィニョン → ニース →

イタリア ミラノ → フィレンツェ → ピサ → フィレンツェ → ローマ → ナポリ → ローマ → ヴェネチア → ベローナ →

ドイツ ミュンヘン → フュッセン → ミュンヘン → ニュルンベルク → ローテンブルク → ニュルンベルク → シュトゥットガルト → フランクフルト → ケルン → フランクフルト →

フランス パリ(市内) → パリ(空港)

ユーレイルパスを使った場合

ユーレイルパス(1か月・2等パス) 107,700円

パリ ⇔ レンヌ TGV(予約必須) 往復:3,000円

パリ → アヴィニヨン TGV(予約必須) 1,400円

ミラノ → フィレンツェ FR(予約必須) 1,500円

フィレンツェ → ローマ FR(予約必須) 1,500円

ローマ ⇔ ナポリ FR(予約必須) 1,500円

ローマ → ベネチア FR(予約必須) 1,500円

ベネチア → ベローナ FR(予約必須)  1,500円

ベローナ → ミュンヘン 700円(指定席)

-------------------------------------------------------

合計:120,300円

※ユーレイルパスでも指定席を買った場合は、値段が変わります。

個別にチケットを買った場合

チケットは早割を想定しています。

フランス

パリ(空港) → パリ(市内)

パリ ⇔ モンサンミッシェル 往復:20,600円

パリ ⇔ ブロワ 往復:3,000円

パリ → アヴィニョン 12,200円

アヴィニョン → ニース 7,300円

イタリア

ニース → ミラノ 2,300円

ミラノ → フィレンツェ 8,300円

フィレンツェ ⇔ ピサ 往復:2,600円

フィレンツェ → ローマ 3,400円

ローマ ⇔ ナポリ 往復:4,600円

ローマ → ベネチア 2,700円

ベネチア → ベローナ 1,500円

ドイツ

ベローナ → ミュンヘン 12,900円(全席指定席)

ミュンヘン ⇔ フュッセン 往復:8,600円

ミュンヘン → ニュルンベルク 3,700円

ニュルンベルク ⇔ ローテンブルク 往復:7,400円

ニュルンベルク → シュトゥットガルト 3,700円

シュトゥットガルト → フランクフルト 3,700円

フランクフルト ⇔ ケルン 往復:10,400円

フランクフルト → パリ 9,800円

フランス

パリ(市内) → パリ(空港)

-------------------------------------------------------

合計:128,700円

比較してみた結果

ユーレイルパス:120,300円 VS 個別チケット(早割):128,700円

という結果に!

上の例を見てもらえば分かるように、ユーレイルパスを使うと早割でチケットを買うのと同じくらいの値段になりました。早割の安さがよく分かりますね。

数カ国を巡る旅では、1ヶ月で比較すると、だいたいほぼ同じくらいになると思います。(もちろん旅の行程によりますが)

2か月、3カ月と旅の期間が長くなるほど、ユーレイルパスのほうが断然お得になります。

ただし、個別にチケットを買うケースは早割を想定しているので、早割を使わないと一気に2~3倍くらいの値段になってしまいます。ご注意ください!

ユーレイルパスを使うとお得になるケース

鉄道チケット

1.数カ国を巡る周遊の旅であること

3カ国以上の旅の場合、ユーレイルパスを利用すると安くなります。(おこめんは、3ヶ月間、6か国の旅でした。)

2.1か月以上の長期の旅であること

1ヶ月では、ユーレイルパスと早割は、ほとんど同額(旅のスケジュールによる)になることが分かりました。旅の期間が1か月以上の長期旅行(2~3カ月)の場合は、ユーレイルパスのほうがお得に旅ができます。(ユーレイルグローバルパスは連続使用期間が3カ月までのものが販売されています。)

3.基本的に毎日移動すること

長期の旅であっても、ほとんどパリに滞在するとか、移動があまり必要のない場合は個別にチケットを買うほうが安くなります。

基本的には毎日移動し、国中の観光地をまわる旅で利用するといいでしょう。

最もお得なユーレイルパスはこれだ!

ユーレイルグローバルパス

ユーレイルグローバルパスのみが、連続使用期間が1か月~3カ月と長い期間のものがあります。

ユーレイルパスを使うほうがお得になるケースは、期間が長い旅の場合なので、お得に旅ができるユーレイルパスは、ユーレイルグローバルパスです。

1国のみのパス、数カ国周遊のセレクトパスは、基本的には、早割のほうが安くなります。

(ちなみにイタリアは、都市間の移動の場合は、基本的に予約が必要になります。予約料が1回1,500円ほどかかりますので、予約料だけでかなりかかってしまいます。イタリアを旅行される際は、ユーレイルパスのお得感はあまりないので、早割をオススメします。)

ユーレイルパスお得情報!

ユーレイルパス2等大人向けが発売になりました!

以前は、ユーレイルグローバルパスは28歳以上では、1等のみしか販売していませんでしたが、お得な2等パスも発売になったようです!

1等パスと比べて最大20%安いチケットなので、ヨーロッパ周遊がお得に旅出来ちゃいますよ!

1等パス=新幹線グリーン車
2等パス=普通車
のような感じです。2等の席でも快適です!

チケット予約は、↓↓こちらから↓↓

レイルヨーロッパジャパン公式サイト(日本語)

※ユーレイルパスは、ヴァリデイトして初めて使用開始になるので、ヴァリデイトするまでは、使わずに保管できます。(発券日から11カ月以内)

レイルヨーロッパでユーレイルパスを買うとついてくる特典

レイルヨーロッパでユーレイルパスを購入すると、トラベルパッケージ(ユーザーガイド、鉄道網が記されたヨーロッパ鉄道マップ)が無料で付いてきます。

ヨーロッパ鉄道マップはなかなか旅行ガイドにもついてないので、周遊旅行を考えている方は、ぜひ手に入れるべし!

ユーレイルパスを使うときの注意点

ユーレイルパスが使えるのはヨーロッパの国鉄

ユーレイルパスは、ヨーロッパ国内の国鉄に利用できます。

バス、地下鉄(メトロ)、市電(トラム)などは別途お金がかかります。

また、フェリーを利用するときは、ユーレイルパスの提示で割引がききます!イタリア⇔ギリシャのフェリーにも使えて、かなり安くなるのでぜひ利用してくださいね。

追加でかかる料金

高速列車など一部の列車ではパスを使って乗車する際、別途、座席指定券を購入しなければなりません。

ユーレイルパスを持っていて、座席指定券を買う場合は、レイルヨーロッパでもチケットの予約が可能です。

その場合は、「座席/寝台指定券」のタブをクリックして、検索をかけてください。

現地で予約する場合でも、だいたい3ユーロから15ユーロほどかかりました。(フランスは安く、イタリアはめちゃくちゃ高い…)

レイルヨーロッパでも300円くらいから数千円ほどなので、日本から予約をしておくといいと思います。窓口に並ばなくて済みますしね。

レイルヨーロッパでかかる手数料、送料

レイルヨーロッパでは、1回の注文につき、

手数料・・・1,500円、

送料(紙面でのチケット送付)・・・1,500円

かかります。

これは、何枚買っても一律なので、申し込むときは、一度にすべてのチケットを買うほうがお得です。

送料がかかるケース

チケットは、「eチケット」「紙面でのチケット送付」から選ぶことができ、「紙面でのチケット送付」を選んだ時に送料がかかります。

ユーレイルパスを使った座席指定の場合は「紙面のチケット送付」しか選べないので、基本的に送料もかかると思っておいたほうが良いです。

eチケットを選んだ時の現地の発券機の使い方

「eチケット」を選んだ場合は、現地の発券機を使ったチケット発行が必須になります。

やり方は、↓こちらにまとめられていますので、これも事前に印刷して持っていくと安心ですね。

http://www.raileurope-japan.com/IMG/pdf/DocPdfSNCF_ja_JP.pdf

まとめ

ヨーロッパでは、ユーロスターやTGVなどのいわゆる超高速鉄道(新幹線)でも早期予約でかなりお得に買えます。

早期割のチケットを狙えば、安く旅をすることもできます。

それ以上に移動距離が長い旅の場合であれば、ユーレイルパスを使ったほうが安くて、楽な旅ができるのもまた事実です。

ご自身の旅に合わせて、お得な方をセレクトしてくださいね。

-鉄道の旅に必要な情報, ユーレイルパス
-, , , , , ,

Copyright© ヨーロッパ旅ガイド ~個人旅行のしかた~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.